羽をつけたBJ

    << | 2017-08 | >> 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    二度目の手術



    1年前の、8月20日~の日々


    8月20日 もー、わからへん!


    いつも通り、朝のお散歩は元気に行ったbj

    でも、パパのお見送りのバイバイには来なかった、

    しんどいの?bj

    282「うん、ちょっと夏ばて」

    bjの栄養を横取りして猛烈な勢いで成長しているメラ・・・ 

    ママは無力だった。

    ネットで調べれば調べるほど、何がいったい良いのか?

    判らなくなるアホなママ

    パソコンの手を止めた。

    振り返ると、bjがスヤスヤ寝ている。

    「BJーーー!」

    bjに思わず覆いかぶさり、涙が溢れた。

    bjは、「なに?なに?なに?」って、キョトンとしている。

    そのお顔が又たまらなく、可愛くて、泣いちゃった。


    66 覆いかぶさるママ



    20070818110310.jpg



    20070818110228.jpg
                   8月20日 指定の場所で、ママのする事ばっかり見てるbj


     


    8月21日 足の裏


    足の裏のお毛毛と爪が伸びていたので、チョキチョキしてあげる。

    痛くないくせして、急に足を引っ込める

    「そんなんしたら、足を切ってしまうやん」

    282「だって前に切り過ぎて、血でたことあったもん!
    ママ信用できまちぇん」



    67 爪きり



    20070821143856_20091128152840.jpg 
                    8月21日 「おさんぽ」の言葉に喜ぶbj


     


     8月22日 カミナリ


    やっぱり今朝もパパのお見送りのバイバイに来ない。

    寝てばかりのbj


    午後2時すぎ、観測史上最高の、1時間に110ミリの雨量と

    今までに体験した事のない、物凄いカミナリがあった。


    バーリバリ、ドカーン、ビカビカァー、ガシャーン、

    ドスン、ボカァーン、ドドドドドォー

    もうこの家に、絶対落ちると思った

    もし、落ちたらbjもママも同時に逝けるかな?とか・・・考えたりもした。

    滝のような雨で、根こそぎ流されそうな・・・

    怖かった。

    私の人生の中でも、こんなひどいカミナリは、はじめての経験だ

    今まで、どんなにカミナリが鳴っていようが

    ヘソ天でグ~スカ寝ていたbjも、

    今回は震えに震えた。

    こんなに、震え上がったbjを見たのも初めてだった。

    心臓が止まっちゃうんじゃないかと感じる程、ドキドキしていた2人

    体をしっかり抱きしめてやるが、カミナリが鳴る度に暴れる。

    おまけに停電してしまい、クーラーも扇風機も使えない。

    凄い雨で窓は開けられないし

    ハァハァと、血のヨダレを流しながら、可哀想なbjだったねぇ



    68 カミナリ


    282「あれは、怖かったなぁー!おへそ盗られないか心配でちた」

    「おヘソ、あるのん?」


    20070818155741.jpg


    282「ない事もないでちゅ・・・・こうしていたら、カミナリなんか平気」

    「キャディさんにも見えるで。。。」

    282「キャディさんは、こうでしょ?」


     20070821134133.jpg






    20070818120451.jpg
                      8月22日 立っちも出来るとこを自慢するbj


    20070818120659_20091128152942.jpg

    20070821142459.jpg
                            8月22日 自慢終了のbj


     


    8月23日 急な手術


    今日は、待ちに待った免疫療法1回目の点滴の日である。

    ごはんは、食べてもいいとの事だったので、

    夕方まで食べられないのは可哀想と思い

    いつもの朝ごはんより多めにあげた。

    オシッコ、ウンチを出しておくため、朝の散歩に行く


    20070818121400.jpg
                       8月23日 bjの影がぞうに似ていた、bj


     今日パパは、bjを病院に送った後

    お仕事に行くので、ママは一緒に着いて行けない

    「寂しいけどbjがんばるんやでぇ」


    20070818122452_20091128154258.jpg 
                     8月23日 パパと病院へ行くbj


    パパの助手席に座ってママを見てるこの可愛い子

    絶対帰って来てね

    282「はぁ~い、ママ」


     

    その後

    病院のパパから

    bjの再発しているメラがあまりにも増殖しすぎて

    免疫療法の点滴をしても、効き目がなく

    まずは、膨れ上がっている部分だけでも手術しましょう、

    そしてその腫瘍を大学病院にて

    別の方法で攻撃する事を考えてみましょう

    と先生が言ってるよと電話がある。

    手術するにあたって、麻酔をしなければならず

    朝食は、食べさせない方がよかったらしい

    しかし手術するとは思ってなかったので

    親心で今朝にかぎってたくさんあげてしまった。

    そのため手術は時間を遅らせ、お泊りになるようだ。


     

    bjの指定席のソファ、タオル、おもちゃ、お皿・・・

    何を見ても、涙が溢れてきてそれが見えなくなる。

    さっきまで、お散歩に行ってたのに・・・

    ごはん食べてたのに・・・

    てんかんのあるbjに麻酔をうって、このまま目が覚めなかったら・・・

    先生・・・どうか失敗しないでね、

    神様・・・どうかbjを守ってやってね。

    長い長い1日だった。

    電話が鳴るたびにドキッとした

     

    夜、先生から「bjちゃん怖がっているから

    迎えに来てやって下さい」と電話がある。

    お泊りのつもりだったので、嬉しかった。bjと逢える、bjが生きている。

     

    パパと一緒に車ビュンビュンとばして、病院へ

    まずは、先生のお話があった。

    「膨れていた部分だけは全部採りましたが、

    もうすでに顎の骨や、抜歯後の穴にも転移がみられ

    1週間以内に又、必ず再々発してきます。

    あくまでも、免疫療法は補助的なものなので

    直ぐの効果は得られないですが、

    今回又、多く採血して腫瘍と共に大学病院へ送り2つの方法で培養し

    bjちゃんの体に戻す事にして行きましょう、その時に電話しますから」

    とおっしゃった。

    ママは、骨の転移と聞いてもう頭、胸が痛くなり、

    救いようのないとこまで来てしまったんだと

    絶望感に襲われる気持ちを、何とか打ち消そうと必死だった。

    先生のお話が終わり

    若い先生がドアの向こうからbjを連れて来てくれた。

    トボトボ下を向いて歩いて来たbjのお顔は、

    ほっぺをグゥーっと引っ張られたように変形していた。

    痛々しいbjを抱き上げる。

    bjはママにしがみついて離れようとしなかった。

    先生方にお礼を言い病院を出た。

     

    夜のネオンに照らされて、サイドミラーに映るbjの可愛いお顔、

    ママの腕をしっかりつかんでいる

    「もう、病院イヤ」と、チョッピリ怒っているようにも見える

    この子を抱っこしているんだぁ~

    涙が止まらなかった。


    20070821142605.jpg



    9時前に家に着く・・・

    家の前で、おばあちゃんがじっと待っててくれた・・・

    みんながbjの事、愛しているよ

     

    お口から出る血をタオルで受けながら

    朝までママと、くっ付いてねんねした。

    bjが居る、bjに触れられる、bjの温もり、bjの寝息・・・

    bjのすべてを感じている。幸せであった。

     


    20070603175815.jpg

     

    コメント

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます
        

    私は…
    大型犬のじゃこたんを抱っこできないなぁ…
    そばにくっついてることしかできないなぁ…
    って、
    もしBちゃんみたいになったら…って考えるとき、いつも
    抱っこできる子をうらやましく思う…

    前に公園で遊んでバカ走りしたあとにじゃこの様子がおかしくなって、
    私にくっついてきて、どうしたん?と心配してしゃがむと
    そんなこと無理やからしたことないのに、
    膝の上に乗っかってこようとしたじゃこたん…
    結局何もなくて、きっとバカ走りして足が痛かっただけみたいやったけど、
    「抱っこして」と言わんばかりに何回も、何回も膝の上に乗っかってきた。
    「どうしたん?あかんよ、乗られへんよ…抱っこなんかできひんよ」
    心配で、不安で、抱っこしてやれないことが辛くてたまらなかったよ…

    Bちゃんは、deeper-b さんの腕の中に包まれて、
    きっとものすごくしあわせやったと思うで…
        

    鍵コメントLさんへ・・・

    こんばんは、いつもありがとうございます。

    Rちゃんも、寝ることが多くなって来てたんですねぇ
    bjも普段から良く寝てましたが、又それとは違うんですよね。
    段々と体を自分でコントロール出来なくなってきてたんだと思います。
    毎朝晩、欠かさずパパの、「いってらっしゃい」「おかえり」を
    していたのに、この頃より、したりしなかったりになってきましたです。

    再発をしてからのメラノーマの勢いったら・・・もう・・・
    止まる事を知りませんヤツは・・・
    トボトボ下を向いて部屋から出てきたbjを見たとき
    抱き上げずにはいられませんでした。
    いつも、どっしり重たい子が、とっても軽かったです。

    もう9月になりますね。。。
    LさんとRちゃんのあの日が近づいて来ましたね。
    私とbjより、一足早くその日を迎えられるんですねぇ。。。
    1年経ってしまったんですが、
    私らの中では、全然1年なんか経ってないんですもんねぇ
    あの時のまんま時間は止まってます。。。

    今日ね、あっもう昨日になるのか・・・
    このブログの9月分の日記と写真をまとめようと、していたんですが、
    涙で、なかなか前に進めなくて、結局出来ませんでした。
    でも、なんとかbjのこと「かたち」にしたいので、
    後もう少し頑張ります。
    Lさん!もうちょっとだけ一緒に歩いてね・・・宜しくお願いします。

    えっ!うそ? おへそってあるんですか?知らなかったぁ~

    Lさんおやすみぃ。。。
        

    じゃこぶうさんへ・・・

    こんばんは、いつもありがとうございます。

    大きい子は、持ち上げる抱っこは、出来ひんけど
    でも、じゃこぶうさんの両手いっぱいでグゥーーーっと
    抱き寄せてあげたら、あの子らは、そらぁもう安心してるに決まってる。
    大きい子は、大きい子のゆ~ったりとした、温かさがあって
    じゃこぶうさん自体がまるで毛布で優しく包まれているような・・・
    そんなとってもしあわせな、時間を過ごされていると思います。

    公園での、じゃこたん!
    きっと、どこか痛かったんやろねぇ
    自分が大きくなってる事に気づかず、赤ちゃんのまんまで
    思わず、じゃこぶうさんに乗っかろうとした。。。
    なんちゅう可愛い子やろか、愛おしいなぁ
    そんな事されたら、たまらんなぁー
    そして、抱っこしてやれなかった事を悔いるママの優しさに
    胸が、キューって熱くなってもたです。
    じゃこたんは、大好きなママに、そうした事で
    とっても嬉しかったと思います。
    じゃこぶうさん!いい時間やったねぇ~。。。

    bjもしあわせやと思ってくれたかなー?
    ありがと、じゃこぶうさん。

    今日な、bjの最後の日記や写真見てな、めちゃくちゃ凹んでんねん
    お口の写真とか載せられへんねん
    なるべく見えない方向からのんとか選んでんねんけど。。。
    ちょっと・・・まだ・・・辛くて、可哀想で・・・
    でも、がんばる!
    また、来てね
    おやすみぃ
        

    握りこぶしが・・・・。

    おもわず、握り拳を握って「がんばれ~~bjちゃんの血液~~~~ファイトお~~~」って思ってしまった私です。
    bjちゃん、突然の手術で怖かったでしょうね。
    bjママさんもどんなにかつらかったか・・・・(胸が痛い・・)

    レナも、病院が大好き、注射もへっちゃら・・・・っだたのに。何度も、何度も通っているうちに、目に涙をいっぱいためて「私・・・イヤです。」って。訴えるようになりました。お尻を押して、診察室に入れるのはつらかったです。

    いきなりですが、レナがブログデビューしましたあ★
    ポチっとクリックしているうちに、デビューしてしまったので、bjちゃんみたいに準備もしないまま・・・いきなりアップになっちゃいましたあ♪
    とんでもない状態で、へたっぴいですが、遊びにきてくださいね。
    bjちゃんのキャディさん姿・・・だあいすき♪
    そのまま、飛んできてね。bjちゃん♪
        

    レナ・ママさんへ・・・

    今、行って帰ってきましたぁ~~~
    ママさん!ブログデビュー とっても嬉しいです。
    レナちゃんがなんとまぁー、めちゃくちゃ可愛くて、
    病気になんて全然見えないよ!
    メラノーマなんか、一緒にやっつけようね。

    うん!予定してなかった手術だったので、
    心の準備が出来てないというか・・・
    急にこれでお別れになっちゃったら・・・とか
    物凄く思ったデス。
    bjのメラノーマの部分を見て、あまりにものひどさに
    先生も何とかしなければと、思われたんでしょうねぇ

    メラノーマは、むやみやたらと切ると
    余計に拡がると言いますし、
    切る事もためらいました。
    でも、もうそんな事を言っている場合じゃない程、
    増殖が速くてねぇ
    もう多めに切り取れる範囲がなくて、
    膨れているその部分だけです。
    だから再々発も直ぐなると先生は、おっしゃいました。
    悔しいかぎりです。ほんと
    もっともっと研究して早くいい方法が見つかればいいのにねぇ
    1年前よりは、今の方が進歩しているに決まってるしね!ママさん

    いつもありがとうございます。又来てね
    私ももう来るなと言われても、ブログの方、お邪魔しますぅー

    あっ!もう勝手にリンクさせて頂きましたです。(^⊆^)ニコニコ


        

    deeper-bさん。天使のbjちゃん。
    こんばんは。
    うんうん。。。
    bjちゃん。今日のお写真もdeeper-bさんの
    描かれた絵もかわいいです♪
    ちょっぴり切ない時がありますが
    これもbjちゃんがしっかり生きてきた証。
    大切ですよね。
    bjちゃんも怖がりなんですね。
    うちの子もです。車に乗るのもいつも
    お鼻がぴーぴーなってます(-ω-;)
    少しの変化も察知してしまうんでしょうね。
    bjちゃんも・・・。
    そんな姿を見るのも辛かったでしょう。。
    deeper-bさん。bjちゃんのために一生懸命ネットで調べられたんですね。。
    調べれば調べるほどいいことって書いてないですよね。
    だいたい嫌なことです。。
    でもひとつでも可能性があるのならって賭けておられたdeeper-bさんの姿想像するだけで胸が熱くなります。。
    気持ち分かりますもの・・・。
    でもbjちゃんきっとこんなに愛されてるんだって
    気づいてくれてたと思いますよ。。
        

    きっとひとつの記事を書き上げるのに、とても丁寧にゆっくり時間をかけているのですよね。。。
    記事を読みながら、ひとつひとつに相づちを打ちながら、
    私も丁寧に読ませてもらっています。

    2度目の手術。私はどんなんだったかな。
    そうでした。
    切ればいいんでしょ。切れば。
    数ヶ月ごとに手術してけば良いだけじゃん。
    、、、となんだかとっても根拠の無い自信に溢れていました。
    メラノーマの怖さを知らなかったんです。
    それと心のどこかにプリだけは、みたいなものもあったかもしれません。
    ちょうど2年前の今頃だったと思います。

    deeper-bさんともゆっくりお話したいな^^
    BJちゃんのことをもっと聞きたいですし、プリのことももっと聞いてもらいたいっ。キーボード苦手だから、思いをうまく打てないです。。。

    BJちゃんとプリは今頃どうしているのでしょうね。
    たまにプリはBJちゃんも一緒に、うちに遊びにきているような気がしています。
        

    いぷのすけさんへ・・・

    ありがとー、いぷのすけさん

    お母さんのパソコンからかぁ~?
    ひょっとして、もう直ったんか?

    あ”-----!
    もう直ってるやん
    今見てきたよ、これ書いたら又、お邪魔します。

    しぇりりんたんも怖がりなんやねぇ
    環境が変わると、敏感になるし、
    それよりも不安になるんやろな

    bjも、この急な手術の時、絶対お泊りのはずやってんけど
    ワンワン吠える訳ではないんですが、
    病院で、グニャ~~と、
    死んだみたいに元気なかったみたいです。
    先生も見るに見かねて、お泊りを断念、
    電話して来られたちゅう事です。

    麻酔も切れてボォーってしてました。
    何もブツクサ言わない分、めちゃくちゃ可哀想で、
    痛々しくて、愛おしく思います。
    この時顔がちょっと変形しててんけど、
    どんな体になっても、私の愛おしいbjやぁー
    帰って来てくれてありがと、生きててくれてありがと
    って何度も心の中でお礼を言いましたです。

    ネットなぁ
    何か、いいもんないかなと調べてみたけど、
    なんせアホやから、最後わからへんようになるねん
    結局は、消毒薬くらいを買っただけで・・・
    (それは先生の許可を得ています)
    飲み薬なんかは、使えませんでした。

    bjが生きてきた証・・・か・・・
    うん!うん!ありがとう、いぷのすけさん。

        

    yuuさんへ・・・

    あぢがどぉーーーyuuさん

    yuuさんとまったく同じ考えでいました。私ら家族も
    出来たら切ったらしまいやんって・・・
    そのつど、切ってけば、お口の中苦しくないし。
    手術は可哀想やけど、そうすればいいんやと、
    口内炎くらいにしか思ってなかったです。
    だからyuuさんのおっしゃる事よくわかります。
    メラノーマなんて、ホントなにもんか、良く知りませんでしたもん

    bjが、凄まじい体験をしてやっと分かったとこです。
    私は、その前にプリちゃんの闘いを見ていましたが、
    それでも、bjも?って考えられませんでした。
    でも、結果プリちゃんとyuuさんのお陰で、
    私もbjも歩いて行けました。ほんとにありがとうです。

    えっ?yuuさんキーボード苦手なん?
    うそや~~~~ん
    そんなはずはない!
    yuuさんの文章力の素晴らしさに私は、まいってんねんから、
    ほんまやな、いっぱいお話したいなぁ
    年齢は、親子ほど離れているけどな
    まぁええやん!メラノーマの事やったら、
    話は尽きないで(ヘ。ヘ) エヘヘ
    ほんで、いっぱいメラノーマの悪口言おうなぁー

    bjそちらに伺ってますか?嬉しいな
    羽をつけたもんやから、もうどこへでも行っとるなぁー bj
    yuuさんの美味しいお弁当ちょっとだけやってね

    ありがとう、yuuさん

        

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

     | HOME | 

    Profile

    deeper-bj

    Author:deeper-bj
    BJ

    ★BJ(羽をつけたbj)
    ビーグル ♀女子
    おおさか⇄虹の橋
    ☆・・・好きな事・・・☆
    とにかく食う・寝る

    ★deeper-bj(db)
    bjのオカン
    おおさか
    ☆・・・好きな事・・・☆
    とにかくDEEPSOUL・R&B

    ★Subtitles
    口腔内悪性黒色腫
    (無顆粒性メラノーマ)で、
    羽をつけたbj。。。。
    透明になったbjを、
    もう一度抱きしめたい!

    ★ 羽をつけたbjとの
    イラスト・人形回想日記

    Dolls & illustrations

    Translate

    English English得袋.com

    Handmade felting dolls

    このブログをリンクに追加する

    Retrieval in blog

    Fight The Power

    Soul power

    映画『ソウル・パワー』

    My YouTube Channel

    PICT0037a.jpg 

    Maukie

    FC2Ad


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。